キーホルダーのデータ作成

キーホルダーファクトリーのホームへ
オリジナルのキーホルダーが10個から製作可能です。また、両面同デザインでも片面別デザインでもお好みのオリジナルデザインで製作できます。キーホルダーの形状は円形・四角形・長方形・ボード形など種類が豊富にあります。さらに自作してみたいという方にはパーツ販売もご用意しております。
お見積・ご質問
ご注文フォーム

キーホルダーのデータ作成について

ここでは、データ作成方法についてご案内しています。ご入稿時の使用ソフトはアドビ社の「Illustlator」または「Photoshop」にてお受けしております。(「Illustlator」、「Photoshop」はabobe者の登録商標です)。これ以外のデータ(Word、Exel、Paintや解像度の低いJPEGデータなど)でご入稿いただきましてもそのまま印刷はできませんので、別途データを作成し直しになりデータ作成料がかかりますのでご了承ください。

データ作成のポイント

キーホルダーのデータ作成方法は以下のとおりになります。弊社のフォーマットをダウンロードしていただいて、デザインのラインとカットラインが予め描かれてありますのでその範囲内でデザインしてください。デザインをカットラインで切る場合(断ち落とし)や色をバック全体に塗る場合はカットラインの一番外側のラインまで色やデザインを塗り足ししておいてください。

キーホルダーの仕上がりは実線ですが、デザインの範囲は点線の範囲内となります。実線ギリギリまでデザインするとカットがズレた場合にデザインが切れてしまうことがありますので、必ずデザインは点線の範囲内にしてください。

データ作成方法

データのダウンロード

缶バッジファクトリーではイラストレータ用とフォトショップ用のフォーマットファイルをご用意しております。データ作成の際にはこのフォーマットをダウンロードして作成してください。

イラストレーター用フォーマット

下記をクリックしてダウンロードしてください。
sit形式】 【lzh形式】 【圧縮なしのai形式

※圧縮なしのai形式は拡張子が「ps」に化ける場合がありますが、「ai」に打ち変えればイラストレータで開くことができます。

●データは原寸で作成し、文字はアウトライン化して下さい。文字をアウトライン化しませんと「文字化け」が起きてしまい、思ったとおりに仕上がらないことがございます。
●下地に色や模様を敷く場合は実線まで伸ばしてください。
(プラバッジの場合は点線まで伸ばしてください。)
●色は「RGB」ではなく「CMYK」の4色で設定して下さい。
●イラストレータにフォトショップの画像を配置する場合、画像の解像度は300dpiにして下さい。また、配置の際、「リンク」にチェックして下さい。また、保存する際は「配置した画像を含む」のチェックをはずしてください。弊社にお送りする際はイラストレータファイルとともに配置した画像ファイルも一緒にお送り下さい。
●点線の範囲がカンバッジのサイズになりますので、この範囲内でデザインして下さい。(文字やデザインはさらに1ミリ程度内側にした方が見た目に良く仕上がります。)プラバッジの場合は実線がカットラインになります。
●色は「RGB」ではなく「CMYK」の4色で設定して下さい。DIC等の特色、金や銀色、蛍光色等には対応しておりませんのでご注意ください。

フォトショップ用フォーマット

下記をクリックしてダウンロードしてください。
sit形式】 【lzh形式

●「点線」「実線」「デザイン」の3つのレイヤーに分かれております。
●缶バッジは「デザイン」レイヤーの中で「点線」レイヤーの範囲内でデザインして下さい。(文字やデザインはさらに1ミリ程度内側にした方が見た目に良く仕上がります。)下地に色や模様を敷く場合は「実線」レイヤーまで伸ばしてください。
●プラバッジは「実線」レイヤーがカットラインになりますのでこの範囲内でデザインしてください。下地に色や模様を敷く場合は「点線」レイヤーまで伸ばしてください。
●解像度は300dpiになっておりますので、このままの解像度で作成して下さい。
●色は「RGB」ではなく「CMYK」の4色で設定して下さい。DIC等の特色、金や銀色、蛍光色等には対応しておりませんのでご注意ください。